芸能スクープ・芸能界の裏話&噂・アイドル最新情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇多田ヒカル×ヱヴァンゲリオン

宇多田ヒカル(24)は、'07年2月に『Flavor Of Life』を発売し、累計60万越えを記録し、7月には、同楽曲で音楽配信で700万超えをして、デジタルシングル世界歴代第一位の記録を樹立しました。
その宇多田の次の新作楽曲が驚き!
社会現象をも起こした、あのアニメとのコラボレーション。(この楽曲のブログは⇒ブログRankingで
そのビックなコラボに、さぞかしファンや業界は盛り上がっていると思いきや。
現実は意外なほどに盛り上がっていないといいます。
その話題の詳細は…RANKING

宇多田ヒカル作品集

★宇多田ヒカルの秘蔵画像⇒芸能ブログランキングへ
★芸能界の危険なウワサは「geinouranking
■今日の芸能速報はRANKING⇒「エンタメナビ」の順位は?


1995年10月テレビ東京系で放送され強烈なインパクトを残し、社会現象を巻き起こしたアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」が「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」として、9月1日より全国公開。
そのアニメのテーマソングとして起用されたのが、宇多田が歌う「Fly Me To The Moon (In Other Words) -2007 MIX-」。【画像はblogranking
すごい豪華なコラボと思いきや、盛り上がりに欠けているようです。

その理由はいくつかあるようで、ひとつは旧来のファンを置いてきぼりにしている製作サイドの姿勢。
先日主題歌が発表されましたが、なんと歌うのが宇多田ヒカル。既にカリスマ的な人気もなくなった宇多田をここで起用する理由が分かりません。作品自体も下手なおしゃれ映画になってしまうんじゃないかという危惧があります
とアニメ業界関係者は話しているようです。

さらに、不安を煽っているのが、庵野監督に囁かれている「才能枯渇論」。
前作のアニメは、それこそ血を吐きながら作ったといわれましたが、今回の作品には余裕があるといわれています。
また「そもそも結婚したかたハナから期待できないという見方もあるぐらいで…(笑)」
と映画誌研修者は話しているそうです。

しかし、今回の作品、ほぼ再編集では?と目されてきましたが、8割以上が新作カットで構成。
気合が入っているかと思いきや
今回の新作は、アニメファンのために作られたわけではありません。パチンコ等で再び大ヒットとなったエヴァを、さらに売り続けるための作戦ですよ。すでにパチンコは3作リリースされ、手持ちの材料で新作を作るのは難しい。そこで映画製作に踏み切ったのでは?
という声もあります。

そういったウワサを聞いてしまったファンは、素直に喜べなかったことが、盛り上がりに欠けてしまった要因のようです。
しかし、宇多田の楽曲自体の評価は上々のようです。
宇多田自身も、『関われて幸せっ!』とブログに書いてありました。【uwasaのblog
あの歌唱力で、今までの『Fly Me To The Moon』と違う印象に。
アニメの事情を知らない人は、とても気になる楽曲だと思います。【気になる裏ネタ⇒blogranking
劇場版については、いろいろな見解があるようですが、待望の新作として素直に見れば楽しめる作品だと思いますよね。(ネタ元:BUBUKA・芸能界のウワサ!
)

【今日の芸能ランキング速報】
タッキーが失敗!深田恭子に文句いわれていた
芸能ランキン1位ワイド芸能ショーさん
嫌いな歌手ランキング
芸能ランキング4位芸能ニュース:kireaji.netさん
エビちゃん引退か!賞味期限切れの大ピンチ
芸能ランキング10位寝ても覚めても芸能アイドル さん

★芸能の裏情報は→芸能大事典
★裏ネタは「geinouranking←秘話・秘蔵画像!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://entamenavigeinou.blog107.fc2.com/tb.php/150-a5d1b287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/08/07(火) 02:10:27 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。